QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
KGUWV
オーナーへメッセージ

2017年03月26日

ワンゲルの活動の魅力 その1〈登山〉

登山というと「坂道を長く歩くなんて大変だ」「登山は中高年層の趣味のイメージがある」、と思われる方もいるでしょう。
しかしながら登山の魅力は山を長く歩く、少し大変な運動になる。そんなところにあると思っています。
例えば山を長く歩くと植生や周りの雰囲気は目まぐるしく変わります。
色々な景色は部屋に同じ時間いるよりもなぜだか濃密な時間を過ごしたように感じますし、一瞬であったかのような短い時間だったとも感じます。
そうして時間を過ごしたあとの山頂の雄大な景色は例え霧がかっていても特別に感じるものです。
また、少し大変な運動になるというところもその運動の後の山頂の景色と美味しいご飯と温泉を体験してしまうとなぜだか「また登ろう」「次はどこへ行こうか」と
考えてしまう。そんな劇薬のような魅力が登山には含まれています。
登山という趣味は確かに中高年層が多いです。
しかしこれも裏を返せば世代の離れた方とも語り合うことの出来るコミュニケーションツールとしても優秀な趣味なのです。
つまり一見して躊躇されてしまう多くの要素は登山の魅力、と言えるのではないでしょうか。
登山をしない人がよく「なぜ苦労して登るのか理解できない」と言うのを聞きますがそこに魅力が隠れているのですから仕方がないですね。



  
Posted by KGUWV at 12:32Comments(0)

2017年03月25日

新入生Q&Aその2〈道具を揃えるのは大変?〉

Q山道具とかアウトドアをするにはお金がかかりそう…
A関東学院大学ワンダーフォーゲル部では大きくて高価な大型ザックやシュラフ(寝袋)はいくつか貸し出せるように用意しています。

アウトドアを始めてみたいけど道具を揃えるのが大変と言う方でも、とりあえず日帰り登山に参加して、必要だと感じたものから揃えていくのが1番だと思いますし、気になったものは部の先輩に相談したりしながら用意していけばきっと使い方も熟知できるというものではないでしょうか。

ワンダーフォーゲル部ならアウトドアを始めたい貴方をサポートできる環境が整っていますよ!


写真は貸出用ザック60Lです

  
Posted by KGUWV at 07:42Comments(0)クラブ紹介

2017年03月24日

新入生Q&A その1〈ワンダーフォーゲルって何〉

Q ワンダーフォーゲルって何をする部活?
A 変わった部名の由来はざっくりいうとドイツの野外活動を日本の大学生が真似たものだから。
個人的なイメージですが山岳部よりはアウトドア全般に取り組んでいるところが多いですね。

関東学院大学ワンダーフォーゲル部は特に夏山や日帰り登山を中心に活動しています。
雪が積もり、難易度が上がると言われている冬山は登らず、スキー・スノボやサイクリングを楽しんでいます。
しかしながらKGUワンゲルの良いところは部員がやりたいこと、行きたいところに行けるところ!
行ってみたい、やってみたいことがある新入生は是非ワンゲルに!





4/1は文庫キャンパスで、4/3,4は八景キャンパスでブースを用意しています。大学に関してでも、部活に関してでも構いませんので立ち寄ってみて下さい。部員の学部であれば履修相談にも乗りますよ!
  

2017年03月23日

新歓チラシできました

こんにちは!ようやく新歓チラシの用意ができました。



4月から入学予定の皆さん。新しいことを始めたい、アウトドアをやってみたいと思っているのであれば是非ワンゲルで一緒に活動しましょう!
4/1は文庫キャンパスで、4/3,4は八景キャンパスでブースを用意しています。大学に関してでも、部活に関してでも構いませんので立ち寄ってみて下さい。  
Posted by KGUWV at 16:46Comments(0)

2017年03月20日

新歓準備

今日は新歓で使うビラなどの作成をしました。
春合宿に行かなかったメンバーとは1ヶ月以上ぶりだったので盛り上がってしまい話がそれ気味に…
しかしながらなかなか有意義な部会になったと思います。



追伸
4月から新歓期間に入るので少しの間、部の紹介等も織り交ぜていきたいと思います。
またビラが編集でき次第ブログにも載せていきます。  
Posted by KGUWV at 17:13Comments(0)

2017年03月09日

2017年春合宿@四国・しまなみ海道

こんにちは。今年は四国・瀬戸内にて春合宿を行いました。
今回の合宿の目玉はしまなみ海道でのサイクリングです。

というのも、ここ最近ワンゲル内でも空前の自転車ブームがありまして、半数近くの部員がロードバイクでのサイクリングに熱を上げています。
そんな中、我が部は古くからの慣例として冬山には登らず、旅行や登山以外のアクティビティで過ごしているので今年はサイクリングの聖地しまなみへとなりました。
なお、部員は誰一人輪行はしていません。輪行0人でした。

ルートとしては東京から徳島までフェリーで行き、観光しつつ交通機関で今治へ、今治からはレンタサイクルでしまなみ海道をキャンプしながら2泊3日かけてゆっくり縦断の4泊5日です。

途中金比羅山でご来光参りや見近島でのキャンプはロケーションの良さに反して人が少なく、すごく楽しめました。
































しまなみ海道中の道の駅で食ったみかんがめちゃ美味いです。
後半の写真が少ないのはいつものことなので大目に見てください 何でもはしないです

おわり  
Posted by KGUWV at 11:29Comments(0)合宿

2017年02月19日

山小屋(冬)IN2017

そびえ立つ雪
部員Kくんの身長を有に超える高さの雪です!気温は日中7度あり、日も出ていたのでそれほど寒さは感じませんでした。

雪かき
シャベルで持つ雪は固まっているところもあり、予想以上に重かったです。また、雪が深いところも多々あり、深みに沈んでいった人が多数いました。

かまくら制作
思いつきで始まったかまくら制作。代わる代わる掘っていくチームプレイで、順調に掘り進めていきました。

かまくら完成
そして完成!広いです・・・七輪を使い中で魚を焼きました(美味しかったです)。その後はOBの方々からこれまでのワンダーフォーゲル部のお話を聞いたり、これからのワンダーフォーゲル部をどうしていくかなどを話しました。

雪原の獣
かまくら制作と並行してソリのレーンを作りました、意外とスピードもでて、カーブもあるため、結構怖いです(笑)

集合写真
最後に現役とOBの方々全員で写真を取りました。2日目は少し雪が舞っている肌寒い日でした。



  
Posted by KGUWV at 17:00Comments(1)山小屋

2016年12月02日

鍋割山


11月20日に秦野市にある鍋割山に登ってきました!
メンバーは1年生3名、2年生2名、4年生1名の計6名です
たくさんの登山客がいてバスに乗るのも一苦労でした


バスで渋沢から大倉へ




林道を進んでいきます




山は秋を感じることができて良いですね



山の恩人との遭遇、ありがたや~




川も綺麗でした


整備のためやむなくルート変更に…



ペットボトルは合計12本運びました




どんどん上っていきます



頂上が近づいてきました





ついに頂上へ到着!
昼食は鍋割山名物の鍋焼きうどん!!
頂上からの眺めもすばらしいです



昼食を食べたら下山開始です


何の畑でしょうかね?



駅に着く頃には真っ暗に…
ルート変更などのハプニングもありましたが無事下山できてよかったです
皆さんお疲れ様でした!










  
Posted by KGUWV at 02:33Comments(0)月例山行

2016年10月29日

平成28年度の部活紹介と活動まとめ

こんにちはワンダーフォーゲル部の広報です。

私の一身上の都合により今年はブログの更新が疎かになりがちだったので、
改めてワンゲル今年度(27年11月~28年10月)の活動を簡単に紹介できればと思います。


まずは自己紹介から、関東学院大学ワンダーフォーゲル部は残っている記録では1958年(昭和33年)4月15日生まれの58歳。

現在の部員構成は
4年4人
3年4人
2年2人
1年4人の14人で活動しています。

主な活動は丹沢や谷川(平標、仙ノ倉)、夏にはアルプスに行き、春は卒業旅行として島などの様々な場所で冒険しています。
過去にはスイスアルプスやネパールに遠征に行ったことも?
週末、長期休暇を利用して上記を始めとしたアウトドア活動をしているのがワンダーフォーゲル部です。


では、今年度の活動を簡単に、簡単に!紹介していきます。

10月
学祭(平潟祭)





11月
雲取山




12月
川苔山




2月
山小屋整備(雪かき)




3月
春合宿(箱根)




4月
新歓




5月
平標山




6月
赤城山




7月
野島キャンプ


8月、9月
夏合宿(南アルプス)




山小屋整備(補修)



10月
平潟祭





以上です

後一日ですが、今年の平潟祭もOB・OGを始めとした皆様のたくさんの来賓をお待ちしています!
  
Posted by KGUWV at 17:25Comments(0)クラブ紹介合宿月例山行

2016年10月29日

平潟祭(学祭) 1日目

こんにちはワンダーフォーゲル部広報です。
今回は、展示を行った平潟祭(学祭)1日目の様子です。
去年よりも好評の雰囲気?




























  
Posted by KGUWV at 13:30Comments(0)学園祭

2016年10月25日

学祭(平潟祭)準備 学祭でます!

こんにちはワンダーフォーゲル部広報です。

今回も学祭にて活動の展示をすることとなったので、準備の様子を盗撮記録をしました。
今年は気合、入れて、作りました!是非当日10/29,30は8号館402にいらしてください。
学生、OB・OGの方、一般の方様々な人に見てもらえるよう、例年とは一味違う展示となる予定です。(嗚呼自分でハードル上げてしまった…orz)









  
Posted by KGUWV at 09:12Comments(0)学園祭

2016年10月19日

2016年 北岳夏合宿

8/29~9/1の期間で夏合宿へ行ってきました!
合宿場所は日本第二の高峰である南アルプスの北岳
メンバーは4年生が2名、3年生が1名、2年生が1名、1年生が2名の計6名です。


合宿のスタートは甲府駅
台風の予報とは裏腹に晴天でした。
武田信玄像に見守られながらバスで広河原へ





雨が降ってきて判断に迷った場面もありましたが無事に白根御池小屋へ到着
初日の夕食のメニューは牛丼です!


二日目は朝から大雨で出発が遅れてしまいました…おのれ台風!



北岳肩ノ小屋で休憩していると雨が止み、晴れた空からは富士山が見えました。



強風に見舞われながらもついに北岳山頂へ
3193mですよ3193m!日本で二番目に高い山に登ったと思うと凄く爽やかな気分でした。


二日目の夜は北岳山荘でたらことカルボナーラのペンネを食べました!


三日目は朝日を拝んでからのスタート





中白峰、間ノ岳、農鳥小屋を越えて行き大門沢分岐の鐘の下で休憩~
この頃には台風も完全に過ぎ去り最高の天気でした。


三日目は大門沢小屋でテント泊
山から見る星空は本当に素晴らしかった…流れ星も見ることができて文句無しです。




四日目はひたすら沢を下っていきました。
ロープを使っての橋渡りは怖かったです…橋多スギィ!



ついに人のいる場所へと到着
奈良田では温泉とおいしい食事で合宿の疲れを癒しました。


奈良田からバスで身延へ
長いようで短かった合宿もついに終わりです…


台風の影響で予定通りに進めなかったこともありましたが、全員無事縦走することができて本当によかったです。
大雨や強風の中の登山はかなりレベルアップに繋がりましたし、準備不足などの課題点も見つかったので本当に良い経験になりました。
最初は台風とわかってて行くのはどうかしているなんて思っていましたが、いざ終わると行って良かったと心から思えるような素晴らしい合宿でした。
この経験を活かして次からの活動をより良いものにできるように頑張ります!
夏合宿本当にお疲れ様でした。
  
Posted by KGUWV at 15:12Comments(0)合宿

2016年10月19日

赤城山登山


6月25日に1泊2日で群馬県の赤城山に行ってきました。
今回は1年生2名、3年生1名、4年生1名の計4名が参加しました。
赤城山はひとつの山ではなく、複数の山々で連なっており、
今回は1日目に主峰である黒檜山、2日目に長七郎山、地蔵岳、鈴ヶ岳に登りました。




赤城山キャンプ場に到着し、テントを張ってから出発です。
初日は赤城山最高峰である黒檜山に登りました。




登り始めから傾斜が険しく、前日の雨の影響もあり、地面は滑りやすい状態でした。




山頂が近づくにつれ、傾斜も険しくなっていきました。


転びながらも無事山頂に着くことができました。




山頂からは雲海が望めることができ、
雲海を見て疲れが吹き飛びました。


4年樋口お馴染みの決めポーズ。


この後は急ぎ足で下山し、赤城山キャンプ場に泊まりました。


2日目です。
不安視されていましたが、天候にも恵まれ絶好の登山日和です。
まずはじめに長七郎山に向かいます。




山道沿いには沼があり、水が透き通ってとても綺麗でした。


ここで記念写真
皆さん満面の笑みです




長七郎山山頂に到着しました。
長七郎山は初日に登った黒檜山と比べ傾斜が緩やかで、比較的楽に登ることができました。


山頂からは前橋市内が望めました
次は地蔵岳に向かいます。


地蔵岳までの道は所々険しく、徐々に体力を奪われていきました。
しかし、山道が整備されていたこともあり、予定通りに山頂に着くことができました。


1年青木・三上
まだまだ元気ですね






がんばれ!
山頂までもう少し!


地蔵岳山頂で記念写真を撮りました。
写真は親切な方に撮っていただきました。


次は鈴ヶ岳に向かいます。






黒檜山をバックに鍬柄山で記念撮影


引き続き鈴ヶ岳に向かいます。




山頂が近づくにつれ、岩場が多くなってきました。




岩場をよじ登り、無事山頂に着くことができました。
短時間にいくつもの山を登ることができたので
特に1年生の2人には良い経験だったと思います。


参加者は少なかったものの、今年度の活動目標である
1泊2日の活動を月例で実施できたことは何よりも大きかったのではないかと思います。
参加者の皆さんお疲れ様でした。  
Posted by KGUWV at 15:11Comments(0)月例山行

2016年06月10日

矢倉岳 歓迎ハイク


5月29日に足柄市の矢倉岳に登ってきました。


綺麗な自然に囲まれてテンションが上がります。


登る前に無事全員で登れるように御参りしました。


初めての登山の1年生も一生懸命登りました。


疲れを見せながらも無事山頂に到着。


山頂からの眺めは素晴らしかったです。


天気が良かったおかげで富士山も見ることができました。




山頂で昼食を取りました。
山での料理も楽しみの一つです。


最後に全員で記念写真を撮って下山開始。


山から見える街並みは綺麗でした。


地元の人と会話したりしながら無事下山。
初登山の1年生には良い経験になったと思います。










  
Posted by KGUWV at 18:36Comments(0)月例山行

2016年05月05日

GW 元橋山小屋と平標山

ゴールデンウィークを利用して新潟、湯沢にある大学所有の山小屋に行きました。

1日目で移動し2日目。5/4は生憎の天気でしたが、以降晴れるという予報を信じて平標山に向かいます。

出発前の集合写真。

平標山、松手ルートの登り。

巨大鉄塔まで登った頃には天気も回復。

松手山~平標山へのルート。去年の同時期に比べると残雪が驚くほど少なく、新鮮でした。

平標山山頂。眺望に恵まれ、360度山に囲まれた中、用意してきたおにぎりを食べ、平元新道で下山します。

今回唯一の残雪。

平元新道を降り、川沿いで元橋に戻ります。

下山後は温泉に直行し夕飯を楽しみました。今回はシンプルにカレーです。

一晩休み、3日目朝に帰宅。

今回初登山の1年生に平標山の眺望を見せることが出来、目的は十分に果たせたと思います。
体調不良者が出たため、全員登頂とは行きませんでしたが、まだまだこれから!夏合宿に向けて定期的に山登りをしていこうと思います。

  
Posted by KGUWV at 18:18Comments(0)山小屋

2016年04月18日

新入生勧誘と新入部員

前回に引き続き、今年の関東学院大学ワンダーフォーゲル部の新入生勧誘の様子、そして部室の扉を叩いてくれた新入部員(仮)との歓迎会の様子を紹介したいと思います。

2日間で行った新入生勧誘。今年は例年の4~5倍の新入生が部のブースに足を運んでくれました!

新旧の部長と2年と一丸となって取り組みました


結局新入部員(仮)となってくれたのは3人の精鋭たち。これから夏の縦走に向けて現役との親睦を深めていきます。

歓迎ハイクを企画していましたが雨と強風で断念。部室での歓迎会となりました。

次回はGWの元橋山小屋での活動。夏合宿の候補地も絞り、これからシーズンに向けて段階的に山行を重ねていきます。
  
Posted by KGUWV at 23:13Comments(0)

2016年03月31日

2016年度新入生勧誘チラシを作りました!

前回の更新から久しくなってしまいました。また、クラブロも4月で閉鎖となるようですが、今年もワンダーフォーゲル部に新入部員が入部してくれるよう勧誘頑張っていきたいと思います!





どうでしょうか?このようなチラシを作り、新入生勧誘期間の2日間、勧誘をしていきます。
1枚目のメインとなっている写真は夏の大雪山(黒岳)テン場での1枚、こういった写真を見て心惹かれるような人を逃さぬよう、一丸となって活動します!  
Posted by KGUWV at 21:07Comments(0)クラブ紹介

2015年10月31日

天城山(万次郎岳・万三郎岳)

10月18日に静岡県伊豆市に位置する天城山の万次郎岳、万三郎岳に行ってきました。




今回利用した登山コースは8,7km、約5時間30分の天城シャクナゲコース。
始発のJR伊東線に乗り、伊東駅に集合。バスを利用し天城高原ゴルフ場から登山を開始しました。







当日は霧が立ち込める生憎の天気、海が近い天城の地勢のしわざでしょうか。




万二郎岳頂上にて小休止




標高差があまりないため、上下の移動が多いように感じました。







万三郎岳登頂、各々昼食を取ります。山頂を目前に天気も回復し、六、七分程度のの紅葉を楽しめるように。










下山も早々に広がる眺望にカメラを手に取ります。




下山の様子







昼食を含めてコースタイムはピッタリ5時間。予定より早い山行でした。




熱海温泉へと向かう人と翌日に備え帰宅する人に別れるため伊東駅解散。久々の大所帯での活動となりました。お疲れ様でした。

  
Posted by KGUWV at 00:18Comments(2)

2015年10月05日

2015夏合宿 北海道に行ってきました

始めに、今回からブログの担当を努めます、私1年の小田が次年度の広報担当となりました。
登山は入部してから始めた私ですが、日々楽しく活動できているので、その様子を「関東学院大学にもこんな部活があるんだ!(*^◯^*)」と、全国に発信していければと思います。
ガンバリマス!



さて、今回は8/20~8/27に行った北海道での合宿を報告していきます。

約20キロの荷物を背負い、5人で向かった北海道。今回の計画は、札幌の南の街、美瑛から美瑛富士を通り、百名山トムラウシ山 を目指し北上していく!
…予定でした。

成田からの移動に1日を費やし、意気揚々と臨んだ2日目、美瑛富士のテン場を目指します。


美瑛富士のテン場での一枚

ここで、以降の水の確保等の不安要素が多かったためにルート変更、
一泊しUターンをするという苦渋の決断をします。


北海道で大自然の厳しさを学ぶ(写真は3日目下山中)

1日目に良くしてくれたキャンプ場にてルートの会議を行います。


テント設営の瞬間に突然のスコール、テントが浸水したためにロッジの利用を余儀なくされました


4日目、そんな私達が気持ちを切り替え臨んだのが大雪山。
今度は、バスで層雲峡まで回りこみ、黒岳から北海岳を通り旭岳までを縦走してくこととしました。


層雲峡で2年佐藤先輩が体調不良の為一時離脱、同じく金子先輩とともに体を休め、旭岳での合流を目指します



黒岳はロープウェイなど観光地化されてる一方、このような手をつくような傾斜も



これまでの苦労も吹き飛ぶほどの鮮やかな空と雲海に思わずピースを繰り出す2年玉手先輩


ガスで後ろは見えなくともようやく実感してきた北海道の登山で会話も弾みました


本日のテン場、黒岳石室を徒歩10分の桂月岳から

5日目は前述の通り北海岳を通るルートを選択、縦走をしてきます。
この日は6種類8度、山を歩いています。


大量の雪解け水で 出来た川、8月にこんな景色を拝められるのも北海道ならでは


ここまで来るとすれ違う登山者も指で数えるほどでした


北海岳山頂
今やワンダーフォーゲル部 の名物、3年佐藤先輩のコロンビアが唸る


※アリゾナではありません


旭岳への分岐が難しく、間宮岳 まで突き進んだ一行。
その後ハイペースで時間が余った為、北鎮岳までピストンすることを決意


証拠写真、私は北鎮岳への道中が合宿中1番きつかったです


旭岳のテン場にて、煮沸消毒で水を確保し5日目終了。
内容の濃い一日でした


トップの一枚旭岳山頂、テン場からの急勾配には目を疑いました。


後は旭岳の麓で縦走の汚れを落とし、テントで一泊した後に札幌から更に少し移動したすすきので一泊。行き同様に新千歳から成田へ帰りました。
唐突な文章説明はカメラの容量が埋まり、写真がないためです…


多くを学び、反省点も多々ある今回の合宿。この後に行ったOBさんとの報告会でも食事や登山計画などをご教授頂きました。
楽しいワンゲルの活動をより良いものとするため、また、安全な登山のために、
この経験を糧として、我々ワンダーフォーゲル部は、これから活動していきます。
ありがとう北海道!ほっかいどうたのしかったです!

それでは次回は、天城越えの天城山での紅葉狩りに行ってきます。

オツカーレ!  
Posted by KGUWV at 13:51Comments(0)合宿

2015年10月03日

2015富士登山


前のブログ更新からだいぶ時間が経ちましたが、8月10日、11日に富士登山に行ってきました。昨年は富士吉田から登りましたが、今年は静岡県の富士宮口から登りました。初日は8合目の池田館まで向かいます。


登りはじめは霧が深く、視界が非常に見えにくかったです。
そのため人通りが多く、また道が狭いため、ぶつかりそうになることが何度かありました。




登って行くにつれ、徐々に視界が良くなっていきました。



視界は良くなりましたが、今度は山道が徐々に険しくなってきました。


山道は険しくなりましたが景色は最高です。


登山客がたくさんいますね!さすがは富士山です。


この日の最終目的地である池田館に到着しました。山道はとても険しかったですが、無事の到着することができました。



到着してからは各自食事を取り、消灯時間前には寝袋の中に入りました。


日付が変わるころに起床し、
ヘッドライトを装着していざ山頂へ出発です。


後ろを振り向くとこんな感じでとても綺麗でした。


岩肌がゴツゴツしていていたので周囲の人がつまずいている光景が多くみられました。



9合目に到着です。


山頂に到着し、ご来光まで待つことにしました。
到着した時の気温は6℃でした。


ご来光です!今年も富士山でご来光を見ることができました。


剣ヶ峰で登山ガイドの方に撮っていただきました。


噴火口です。


富士山頂上浅間大社前で写真を撮り、下山しました。
寒暖差が激しく、体調を崩す人もいましたが、無事下山することができました。
ブログ更新が遅くなってしまい、大変申し訳ございませんでした。
  
Posted by KGUWV at 19:45Comments(0)